やっぱりどうしてもギャルにモテたい!モテる方法4つを伝授

女性ウケ・モテる

 

大人の女性も悪くないけど、たまには若いギャルと遊びたいですね。天真爛漫な明るいコといると、仕事や人間関係のストレスなんて吹っ飛びそう。

 

そこで、ギャルにモテる方法4つを伝授します!

 

何も考えずにひたすら女の子と遊ぶっていうのは、悪くないですよ。

ギャルの価値観をそのまま受け入れてあげる

 

ギャルにモテようとおもったら、まず彼女たちの価値観を共有しなくてはなりません。時には過激に走りがちなギャルたちですが、自分の周囲の仲間や友達、彼氏に対する姿勢は真剣そのもの。好感が持てるところが多いんです。

 

いっぽうでお金を使いまくり、独自のファッションセンスを変えないなど、ギャルならではの考え方もしっかりと存在します。つい口を出したくなりますが、それはNG。

 

自分たちが楽しいからギャルファッションに身を包み、オールで遊びまくっているわけですから、彼女たちのスタイルを批判しても意味がありません。

 

べつに男にモテたくてギャルをやっているわけじゃないから黙ってて!と言われます。

 

ギャルにモテる方法の第一は、彼女たちの交友関係やファッションに関しては絶対に口出ししないこと。反対に言えば、そこさえ受け入れてしまえば、ギャル男でなくてもギャルにはモテるんです。 

お金の使い方は6:4くらいが好まれる

 

ギャルは若くてお金も持っていないだろうから、こっちが全部おごってあげないとな~。男としてはついそう考えてしまいますが、実はギャルはおごられっぱなしが好きではありません。

 

自分がお金を使うのも好きなので、相手におごられてばかりではかえって落ち着かないんです。自分も相手に対してお金を使い、相手も自分と一緒の時は払ってくれるというくらいがちょうどいい。

 

なかには、デートの食事代であってもワリカンでかまわないギャルもいます。

 

お金を使わないのがモテる方法だなんて信じられない!と思うでしょうが、これが彼女たちの本音。おごっておごられて、お互いにもたれかからないような関係がカッコいいと感じるんです!

 

 

もちろん男のプライドというものもありますから、男6:女性4くらいの割合で払うのがギャルにモテるコツです。とはいえ、小銭まできっちりワリカンはダメです!端数だけは払ってもらうとちょうどいいんです。

ファッションは細身+上品+ワイルドでキメる

 

ギャルにモテる方法としては、ファッションも重要。外見を重視するギャルですから、いつもと同じコーディネートではウケがよろしくありません。ちょっと変えてみましょう。

 

基本のスタイルは細身系。 そして高級感や上品さだけでなく、ちょっとワイルドさを取り入れるのがコツです。

 

おススメのブランドは、ディオールオムやバーバリーのブラックレーベル、ドルチェ&ガッバーナあたり。せっかくですから、いわゆるギャル男のコーデよりも、少し落ち着いた大人っぽいコーデをめざしましょう。

 

お姉系ギャルにはワイルド感強めに、コンサバ系ギャルにはタイトでシンプルさを強調するスタイルにするとうまくいきます。

体形はエグザイル系細マッチョに鍛える

 

ファッション以上に重要視されるのが体形です。ギャルにとっては一緒に歩く男も自分のファッションの一部。気に入らない体形の男とは遊んでくれないのです。

 

ギャルが好きな体形は細マッチョ。だいたいエグザイル系の体をイメージすればいいでしょう。なかでも田口メンディのほっそりキレキレの筋肉はギャルから大ウケです。

 

ちなみに若い男性タレントで細マッチョというと嵐の櫻井翔がいますが、こっちはあまりギャルにウケません。ジャニーズ系は甘すぎてイヤというギャルが多いんです。

 

ギャルはやっぱりエグザイル系。顔も体もファッションも、これがテッパンでモテる方法です。

ギャルは気さくなコが多い!

 

常に流行を追い求め、おしゃれとクラブと音楽に熱中しているギャル。

 

派手なメイクや盛髪のせいで話しかけるのにちょっと勇気がいりますが、音楽などの趣味が共通していれば意外と話もはずみます。フレンドリー性格のコが多いので、話しかけよう♪

【人気の記事】