AGA以外のハゲ、薄毛の原因は?

抜け毛

 

男性の薄毛の原因としてよく知られているのがAGA(男性型脱毛症)です。

AGAの原因は男性ホルモンですが、ハゲの原因は他にもたくさんあります。

頭皮環境が原因のこともありますし、ストレスや生活習慣が原因になる薄毛もあるんです。

頭頂部が気になり始めたら、症状から原因を探って効果のある対策を取りましょう。治療で改善する薄毛もあります!

脂漏性脱毛症(しろうせいだつもうしょう)

 

脂漏性脱毛症は、頭皮上で皮脂が過剰に分泌するのが原因です。

頭皮上にあるマラセチア菌というカビの一種が異常に増殖することで、頭皮にふけやかゆみを起こします。

 マラセチア菌は頭皮上にある常在菌の一つです。通常の状態ではそれほど悪いことをしませんが、皮脂が過剰に分泌されている状態だと、余分な皮脂をエサにしてどんどん増えていくのです。

 

マラセチア菌が増えたまま、何もしないで放っておくと症状が進み、皮脂の分泌量が増えすぎて毛穴をふさいでしまいうこともあります。こうなると毛根部分が炎症を起こし、さらなるハゲのきっかけを作ります。

 効果的な予防策は、毎日お湯だけで頭皮の汗と脂を洗い流して清潔を維持することです。頭皮を清潔にすれば皮脂の分泌も正常になり、育毛の促進も期待できます!

圧迫性脱毛症

 

圧迫性脱毛症は、帽子やヘルメットを長時間かぶりつづけていることが原因だといわれています。

機械的脱毛症ともいい、頭にずっと何かをかぶっていることで圧迫された頭皮の毛球部が循環障害を起こしてどんどん抜けて、ハゲになるのです。

圧迫性脱毛症の症状は、頭頂部や前頭部から始まることが多いのでAGA(男性型脱毛症)との区別がつきにくい。

しかし仕事柄ヘルメットをずっとかぶっている人は、AGAよりも先に圧迫性脱毛症を疑ってみたほうがいいかもしれません。

 

効果的な対策は、圧迫しているものをかぶらないようにすることですが、仕事上ずっとかぶっていなくてはならない人もいます。

こういう場合は、わずかでもヘルメットなどを外せる時間にこまめに外して、頭皮に風を通すことで抜け毛の改善がみられることがあります。

円形脱毛症

 

円形脱毛症は現在のところ、原因がよくわかっていない脱毛症です。

家族の中に円形脱毛症になったことがある人がいると、ほかの家族も円形脱毛症になりやすいので、遺伝的な要因があると考えられています。

ただしステロイドを使った治療が有効であることから、自己免疫疾患のひとつだということは確かなようです。

 

ほかの大きな要因にはストレスがあります。

大人の円形脱毛症は30歳以下が多くて、仕事や人間関係などの生活上のストレスが原因と言われます。

この場合は、ストレス源がなくなれば症状が改善されることが多いので、薄毛対策のためにもストレスのない生活を心がけましょう。

神経性脱毛症

 

円形性脱毛症と似ているのが神経性脱毛症です。

別名をストレス性脱毛症というほど、ストレスが多い人がなりやすいハゲで、原因は精神的なものです。

神経性の血管障害が原因で、 薄毛を改善するためには精神を圧迫している原因を取りのぞく必要があります。

 

同時に、食生活や睡眠時間など生活リズムを見直すこともとても大事です。

神経性脱毛症は生活リズムの乱れが症状の悪化を招くといわれています。

抜け毛対策のためにも規則正しい生活を送りましょう。

自分のハゲの原因をきちんと知ろう

ハゲの原因はAGAだけではない。

わかっていても自分のハゲがAGAなのか、別の原因があるのかを判別することは難しいでしょう。

最近は薄毛治療をおこなうクリニックが増えてきましたので、気になるなら早めに受診をして、原因を突き止めるのが一番です。

原因がわかれば治療法や対策、予防法があります。

悩んでいるなら、皮膚科や脱毛専門のクリニックへ行ってみましょう。

【人気の記事】