どうしても彼女と復縁したい!失敗しない復縁方法4個

女心・恋愛

あんなにラブラブだった彼女と別れてしまった…。

できれば復縁したいと思っても、元カノの気持ちがわからないし、失敗しない方法もわからない。

どうしたらいいのか八方ふさがりの中で、相手の気持ちを探りつつ復縁に成功する方法が知りたいですね。

そこでメールの送り方、連絡方法、適切な冷却期間など、元カレとして試すべき復縁方法4つをご紹介します。

元カノをふりむかせて、あの幸せな日々を取り戻しましょう!

元カノが別れたいと思った原因を突き止める

元カノと復縁したいと思うなら、最初にすべきことは「なぜ相手が別れようといったのか?」ということを知るべきです。

物事には原因と結果があります。ダメになった原因と突き止めて解決しなければ、相手にむかって熱心に復縁アピールをしても成功しません。

復縁の相談も元カノへのメールも連絡も、すべては失敗した原因が判明してからです。理由がわかれば、自然と対処方法が見つかります。

なぜ元カノの気持ちが変わってしまったのか。

以前に自分がとった行動をひとつずつチェックして、これだ!と思う原因を見つけましょう。

 

短いメールをあっさり送る

自分の行動を見直して、元カノに振られた原因がわかったら、今度は相手に連絡を取る方法を考えましょう。

まずはあっさりと短いメッセージで「元気?あの時はごめん」というメールを定期的に送り続けるのです。

この場合、単純に「復縁しようよ」というメッセージを送っても、あまりうまくいきません。

なぜなら女性の気持ちは男には計り知れないほど複雑だからです。

たとえ彼女に元カレと復縁したい気持ちがあっても、相手の「ごめん!」の一言で済ませたくないと思うのが女性です。

男は速攻であやまれば済むと考えがちですが、ここを間違えると失敗します。 

 

さらに言えば、どのタイミングで連絡を取るのかも重要です。ある程度の冷却期間をおいたからといって、彼女が冷静になっているという保証はありません。

別れてからすぐにメールを送って、復縁どころか相手の怒りに火がつき大失敗・大炎上するケースもあります。

最初のメールを送るまで冷却期間は最低でも3か月以上とり、復縁メールは月イチのペースで続けましょう。

急がないのが復縁成功のコツです。

元カノの友人経由で復縁希望を伝える

元カノの友人関係もきっちり攻めておきましょう。

女子の友人関係は密接です。ですから、彼女の友人には、ふたりが別れた原因やその後のあなたの行動はすべて知られているはず。こう思えば、元カノの友人に今さら何を相談しても、恥ずかしいことはありません。

正直に、復縁したいという気持ちを話して、新しく変わった自分を彼女に伝えてもらうのです。

 

ただし、元カノの友人は、扱いに気をつけて。

女性にとって、友人の元カレというのはつまみ食いにちょうどいい存在です。

うっかり元カノの友人とナンカしてしまうと、復縁は確実に失敗します。

デートではなく、単なる“お茶”に誘う

いろいろな手を尽くして元カノと連絡が付いたら、行動を起こすチャンスです。お茶に誘ってみましょう。

といっても、ここで焦ると目前の成功をのがします。本気で復縁をしたければ、最後の最後まで元カレでなく“友人”のスタンスを崩さないのがコツなんです。

 

それまでメールなどで「悪かった、やり直そう」と言ってきた相手が、実際に会ったら意外とクールだと、彼女はあれっ!?と思うはず。

元カレが淡々と「あの時は悪かった」と謝罪しつつも一定の距離をキープしたままだと、彼女は動揺します。こちらの気持ちや考えが一気にわからなくなるからです。

この混乱に乗じて一気に攻め込めば、復縁に失敗しません。

1回目はごく短時間で切り上げて2回目3回目と会う機会を増やし、彼女の相談に乗って気持ちをやわらげていくのです。

 

ちなみに、2回目に会う約束を取りつけたら、もう成功したも同然です。

あとは適切な距離を維持しつつ、タイミングをみて「やり直そうよ」と言えばいいでしょう。

彼女が別れを後悔している時なら、うまくいく!

昔から、女性はいったん別れたら元カレと復縁しないと言います。

しかし彼女も別れたことを後悔している時なら、うまい具合に復縁することは不可能ではありません。

元カノの周囲に情報網を張りめぐらし、ここだというタイミングでこちらの気持ちを伝えることが大事です。

【人気の記事】