筋トレとプロテインがハゲるリスクを上げていた!

抜け毛

 

筋トレとトレーニング後のプロテインがハゲのリスク要因になる、という話を聞いたことがありませんか?

かっこいい体になるために筋トレをしているのに、やればやるほど抜け毛が増えるのでは、

ちっともモテるようにならないじゃないか…。

そこでトレーニングと薄毛の関係をご紹介しましょう。

抜け毛の原因が気になる方は、トレーニング開始前にチェックしてください!

そもそもプロテインって何?

 

プロテインは筋肉アップのためのサプリだと思っている人が多いでしょうが、つまりタンパク質の粉末です。

ハードな筋トレをおこなっているひとは、体の中のタンパク質がどんどん失われていくので、

一般の人よりも多量のタンパク質が必要です。

そこでトレーニング後にプロテインサプリでタンパク質の補充をします。

 

人間の体はタンパク質でできていますから、

筋トレ→プロテイン摂取→筋肉の休憩というパターンを繰り返すうちに、多くの人が3か月くらいで筋肉が増えてきたと感じるようになります。

こうやって人間の体に役立つプロテインが、薄毛・抜け毛・ハゲの原因となるというのは本当でしょうか。

プロテインとハゲの因果関係は、立証されていない

 

結論から言えば、プロテインを飲んでいるからと言って抜け毛の量が増える・薄毛になるということはありません。

プロテインの摂取とハゲの間には、明確な因果関係はないのです。

むしろプロテインのタンパク質は髪の毛のもとになりますから、抜け毛が気になる人は、ハードな筋トレをしていなくても飲んでみるといいでしょう。

 

プロテインは使用する原料によって、ホエイプロテインとソイプロテインに分かれます。

ホエイプロテインは肉や牛乳などから抽出された動物性プロテインで、ハードなトレーニングをしているひとにおすすめ。

いっぽうソイプロテインは植物性で、大豆などが原料です。

低カロリーで高タンパクのため、男女を問わずダイエット中の人にぴったりですね。

ただし、どちらのプロテインも摂取したからと言って、それだけで抜け毛が減ったりハゲの進行が止まったりすることはありません。

タンパク質が効率よく補充されるので頭皮環境は改善するかもしれませんが、プロテインを飲んでも育毛効果が実感できるようなものではないんです。

なぜなら男性型脱毛症と呼ばれるAGAの原因はタンパク質不足ではなく、男性ホルモンが関係しているからです。

ハードな筋トレでハゲるのは、本当か?

 

それではもうひとつの噂、筋トレのやりすぎでハゲることは事実でしょうか。

こちらは、可能性としてゼロではありません。

まず筋トレ後の男性ホルモンの動きを見てみましょう。

しっかりとトレーニングをした後は、男性ホルモンのテストステロンの分泌量が増加します。

テストステロンには筋肉量をアップさせる働きがあり、トレーニングとタンパク質の補給(プロテインの摂取など)をしていれば、筋肉が増える仕組みです。

 

筋肉アップだけならいいのですが、

男性ホルモンのテストステロンは、体内で 5α リダクターゼという酵素を介して、より強力な男性ホルモンのジヒドロテストステロン(DHT)に変わります。

抜け毛・薄毛と関係があるのは、このDHTです。

DHTは、頭皮の毛乳頭細胞という新しい髪の毛が作られる場所で男性ホルモンの受容体(レセプター)と結びついてしまい、正常なヘアサイクルを破壊します。

そのためハードな筋トレが、薄毛・抜け毛の原因となるのです。

 あまりにハードなトレーニングをガンガンやると男性ホルモンが増加して、テストステロンがDHTに変わる可能性が高くなり、抜け毛が進行するかもしれないのです。

筋トレとハゲが気になるなら、有酸素運動と組み合わせる

しかし筋トレをする人が、全員ハゲるわけではありません。

やはり個人差があって、体内で男性ホルモンのテストステロンによる影響を受けやすい人と受けにくい人がいます。

テストステロンの影響を受けやすい人がハードなトレーニングを続ければ、すでに始まっている抜け毛や薄毛をさらに進行させることは考えられます。

 

こういう場合はなるべく激しい筋トレのような無酸素運動をへらし、ランニングや水泳のような有酸素運動と組み合わせると。テストステロンの分泌が適度になるといわれます。

それで薄毛の進行が止まるとは言えませんが、試してみる価値はありますよ!

【人気の記事】

- PR -

※美革命はなぜ口コミを掲載しないの? それは、口コミを掲載するよりもスタッフ自身が独自に調査、評価した体験談を掲載することで、クチコミの評判よりもリアルな情報を皆さんへお伝えできると思うからです。