短足でも足長に見えるメンズファッションコーデ

女性ウケ・モテる

 

「かっこいいコーデってむずかしい!」そう思っていう男性は多いんです。

 

とくに、自分が短足だと思っている人は、どんなシャツやパンツを合わせても足長に見えないと思っています。

 

 

しかし、コーデ次第でスタイルなんてどうにでもなる!

 

 

そこで足長に見えるコツを4つご紹介します。これでデートも合コンも安心です!

 

シャツを腰巻きにしてIラインを作る

 

シャツを腰巻きにするだけで足長に見えるのか?

 

と、疑問に思うかもしれませんが足の短さが強調されるのは、ウェストでくっきりと区切られてしまうからです。

 

対策としては、上半身と下半身の境目を目立たせないコーデで、あたかも足長のように見せてしまうテクニックです。

 

全身で一本のラインを作り、直線的なシルエットで腰の位置をごまかしてしまうのです。

 

 

もっといいのは、本来はウェストの巻くべきシャツをやや上に巻いて「ここから先は足!」と強引にウェスト位置を作ってしまうコーデです。

 

 

ほかにも、ロングカーディガンをはおることによって、ウェスト位置をはっきりさせないという手もかなり使えます。

 

ベルトとパンツを同色にして、区切りをなくす

 

ウェスト位置を目立たせないためには、ベルト部分でウェストを強調しないことも大事です。どうしてもベルトが必要な場合は、パンツと同じ色のベルトを選べばそれほど目立ちません。

 

もし、黒のパンツに茶色のベルトをしたらどうでしょうか。 ブランドやシルエットに関係なく、パンツに別カラーのベルトをつけた瞬間からベルトが、

 

「ウェストはここ!足はここから始まります!」

 

と、アピールしているようなものです。

 

せっかくトップスの着丈を長くしたりシャツを腰巻きしたりしても、ベルトがウェストをアピールしてしまっては、足長効果は台なしです。

 

パンツとベルトは同色にすべし。

 

あるいはベルトなしでパンツをはくか、ロング丈のシャツやトップスでウェストをさりげなく覆ってしまうこと。

 

これがスタイル良く見えるコーデの基本です。

 

そもそもウェスト位置なんて、人に見せる必要はありません。見せないことで足長効果が生まれます。

 

パンツと靴は同色、つま先まで長く見せる

ウェスト位置以外にももうひとつ、足首の位置をごまかしてしまうことで、ウェストからつま先までを全部を「足」として見せるテクニックもあります。

 

靴とパンツの色を同じにするだけで、視覚的に分断されるポイントがなくなって足長のラインができあがるのです。

 

これはまったく同じ色でなくても同系色をそろえるだけもよく、ネイビーのパンツにブルーの靴やベージュのチノパンにキャメルの靴でも同じ効果を発揮します。

 

 

先のパンツとベルトは同色にすることもあわせると、パンツ・ベルト・靴の色は同系色にするが足長コーデの鉄板です。

 

ちなみに男性がよく着るスーツでも、スーツ・ベルト・靴の色をそろえると、短足が目立たなくなります。

 

デニムやチノパンのロールアップ幅は細めで

 

最近はメンズコーデでもショート丈のパンツが流行です。

 

手持ちのパンツのすそをロールアップしショート丈に変えるのは、上手な着回し法です。デニムでもチノパンでも、簡単に着丈の調整ができます。

 

そんなとき、ロールアップの幅は3センチ程度にするのが足長に見えるコツです。

 

 

ロールアップの幅を太くすると、見るほうは無意識のうちにロールアップの幅を基準にして足の長さをはかります。

 

股下75センチを幅5センチを基準にしてはかると、全体の長さはロールアップの15倍です。これを幅3センチのロールアップに変えるだけで、ロールアップの25倍の計算になり、とても足長に見えるのです。

 

簡単なことですが、見た目の足長効果は抜群です。すぐに取り入れましょう。

 

ウェスト位置なんて、はっきり見せる必要はない!

ウェスト位置をはっきり見せない、パンツと小物の色をそろえる。

 

この2点をおさえておけば、それほど足の長さは気にしなくていいでしょう。

 

ファッションは引き算だといいますが、自分がアピールしたくないポイント以外で人目を引くようにすれば、自然とスタイルのいいコーデに近づきます。

 

あとは姿勢よく歩くようにすれば、周囲はそれほど足の長さなんて気にしませんよ。

【人気の記事】