<頭皮の臭いが気になる>オススメのメンズシャンプーは?

抜け毛

 

電車の中などで他人の頭の臭いが気になる。

 

 

「自分はどうなんだ?」と心配になりますね。

 

頭皮の臭いに悩んでいる男性は非常に多いのですが、対処法がよくわからず放置してあるケースがほとんどです。夏直前の今こそ、自分の頭皮の臭いの原因を突き止め、効果的なシャンプーを使って臭い防止に努めましょう。

 

 

■頭皮の匂いの原因は、皮膚炎、フケ、皮脂。

頭皮の匂いには、3つの原因があります。

 

ひとつは脂漏性皮膚炎、ふたつ目はフケで最後は皮脂の匂いです。脂漏性皮膚炎の場合は皮膚科へいって根治的な治療を始めるとスピーディに臭いを抑えられます。逆にいえば、市販のシャンプーをつかってもなかなか頭皮の臭い防止にはなりません。

 

フケ皮脂の匂いは市販のシャンプーでも十分な効果が得られやすいでしょう。しかし原因が別なのですから、使うシャンプーも症状に対して効果が出やすいものを選ぶとより早く臭いがへったと実感できます。

 

ここでは、症状別におすすめのメンズシャンプーをご紹介しましょう。

 

 

脂漏性皮膚炎には、抗カビ剤配合のコラージュフルフルシリーズがおすすめ!

脂漏性皮膚炎の原因は、ハッキリわかっていません。最近では皮膚に常在しているマラセチアというカビ(真菌)の一種が関係しているのではといわれます。

 

頭皮の匂いが脂漏性皮膚炎から来ているのなら、カビに効果がある抗真菌剤が含まれている薬用シャンプーがおすすめです。

 

【photo by http://karadanokabi.jp/cfn/lineup.html】

 

市販のシャンプーなら、持田製薬のコラージュフルフルシリーズがいいでしょう。コラージュフルフルシリーズは医薬部外品ですからドラッグストアなどで市販されています。手に入れやすいのもメリットですね。

 

このシャンプーには抗カビ剤のミコナゾール硝酸塩が配合されて、原因菌の増殖を防ぎます。またオクトロピックスという成分が頭皮の臭いをおさえてくれます。臭いがきつかったので、使ってみたら効果テキメンだったという声も多いんです。

 

 

フケには大島椿の「頭皮のためのシャンプー」がおすすめ

フケは頭皮の角質がはがれたものです。フケそのものにも臭いがありますが、それ以上に雑菌のえさになって有害菌やカビが繁殖しやすいために臭いが強くなります。

 

健康な頭皮にはそれほどたくさんのフケはありませんが、シャンプーのしすぎで頭皮の皮脂が少なくなり、角質層がダメージを受けるとフケが多くなることがあります。これは頭皮を守るバリア機能が弱ってきているからです。

 

フケには乾燥タイプ湿ったタイプがありますが、両方のフケに効果があるといわれるのがツバキ油を使ったシャンプーです。

 

【photo by http://www.oshimatsubaki.co.jp/haircare/hhc/】

ツバキ石けんの洗浄成分がきめ細やかな泡を作り、浮きあがったフケを洗い流します。洗髪後の頭皮を保湿保護できるのもツバキ油ならではのメリット。洗いあがった髪も適度にうるおいます。低刺激性のシャンプーなので、毎日使っても頭皮へ負担がかかりません。

こちらも大手ドラッグストアネット通販で簡単に手に入ります。

 

 

皮脂の匂いには「プレミアムブラックシャンプー」がおすすめ

最後の皮脂の臭いは、かなり臭い防止がむずかしい。

 

皮脂腺は体中のあちこちにありますが、頭皮の皮脂腺は特に発達しているからです。皮脂は脂ですから、古くなれば酸化して臭います。しかも古くなった皮脂が毛穴の排出管をふさいでしまうので、出ていけない皮脂が皮脂腺内でも酸化して臭い始めます。そこへ黄色ブドウ球菌やカビが繁殖するので臭いがとても強いのです。

【photo by http://www.andgino.jp/】

 

おすすめはプレミアムブラックシャンプーです。ネット上でも大変な人気商品でお値段はやや高めですが、男女を問わず使えるのでご夫婦で購入する人も多いようです。

 

天然のクレイ(泥)が頭皮の余分な皮脂を吸着するということで、洗い上がりがさっぱりしているのが特徴です。

 

皮脂の臭い防止には洗いすぎはかえって禁物。頭皮への刺激は極力おさえたいので、植物由来成分で石油系界面活性剤が入っておらず、防腐剤や合成香料、着色料無添加のプレミアムブラックシャンプーがおすすめなんです。

 

まとめ 頭皮の臭い防止には時間がかかりますが、あれこれ試してみよう

頭皮の臭いは薄毛の元です。

 

また、頭皮の匂いは強くて、なかなか薄くなりません。いろいろな原因が複合されている臭いなので、すぐには無臭にならないのです。時間をかけてじっくりといろいろなシャンプーを試してみるのがいいでしょう。

 

どうしても改善しない場合は、皮膚にトラブルが起きていることも考えられますので、皮膚科を受診される事をお勧めします。

 

【人気の記事】