<治療しないと進行する薄毛>市販の育毛剤でAGAを解決できる?

抜け毛

AGAの進行状況には個人差があり、長い年月をかけて症状が進行して行くこともあれば、あっという間に悪化してしまうというケースもあります。

 

いずれの場合であっても、なんらかのケアを行わない限り、AGAを改善することは難しいでしょう。そこで気になるのが、AGAのケア方法ですね。AGAを改善する方法には、医療機関で治療を受ける方法、そして、市販の育毛剤でケアを行う方法があります。今回は、市販されている育毛剤の効果についてのお話です。

 

市販の育毛剤でもAGAの改善ができる?

 

市販の育毛剤は、化粧品、医薬部外品、第1種医薬品に分類されていますが、化粧品には育毛に効果的であるといわれている成分がほとんど配合されていませんので、AGAの改善には不向きです。

 

そして、医薬部外品です。医薬部外品には、特定の基準によって定められた量の育毛成分が配合されていますので、化粧品と比較した場合では、育毛効果を期待することができるでしょう。ただし、アルコール分や化学合成物質配合の育毛剤でケア行った場合では、頭皮の乾燥をはじめとするトラブルが発生する恐れがありますので、必ずアルコール分と化学合成物質が添加されていない製品を選びましょう。

 

また、第1種医薬品配合の育毛剤は、薬剤師による説明を受けなければ購入することができませんが、一定量の医薬品が含まれていますので、市販されている育毛剤の中では、最も育毛効果が高いものと思われます。つまり、医薬品または第1種医薬品によるケア行ったのであれば、ご自身でAGAを改善することができる可能性があるということです。

 

通販の育毛剤ってどうなの?

 

市販されている育毛剤には、ドラッグストアで入手することができる製品と、通販限定の製品があり、通販限定の製品の場合では、実際に製品を手に取ることができないため、購入に際しては不安がよぎるのではないでしょうか?ですが、その製品に配合されている成分をきちんと確認して購入するのであれば、通販であっても問題はありません。

 

通販で販売されている製品を選ぶのであっても、やはり基準はアルコール分が含まれていないことと、化学合成物質が添加されていないこと、まずはこの部分に注目して製品を絞り込んでみて下さい。

 

おススメの成分は?

 

センブリエキス、オウゴンエキス、大豆イソフラボンエキス、トウガラシエキス、低分子コラーゲンがおススメの成分ですが、メーカー独自に開発した育毛成分が配合されているものもありますので、まずはアルコール分と化学合成物質を添加していない製品を絞り込み、上記でご紹介した成分や、M-034バイオポリリン酸といったキーワードで検索してみて下さい。これにより、評判が高くてAGAの改善に効果的な育毛剤が何種類か見つかるはずです。

 

【人気】M-034(海藻エキス)が入っている育毛剤

【人気】バイオポリリン酸が入って入る育毛剤

 

市販の育毛剤はどれくらいの期間使う?

 

医療機関で処方される育毛剤であっても、市販の育毛剤であっても、効果の現れ方には個人差がありますので、一概にどれくらいの期間と限定することはできません。私たちの髪は”ヘアサイクル”によって入れ替わっていますが、このヘアサイクルが乱れている方ほど、効果の現れ方は遅いと考えることができます。ヘアサイクルは、成長期、退行期、休止期が繰り返し行われるもので、退行期と休止期の期間は最低でも3カ月間が必要であるといわれています。

 

つまり、育毛剤を使用するのであれば、ヘアサイクルが整う最短の期間である3カ月間は継続して使用することが望ましいということですね。また、この期間には初期脱毛と呼ばれる一時的な脱毛が起こることがありますが、これは好転反応であると考えられますので、心配する必要はありません。

まずは3カ月間、市販の育毛剤でケアを行ってみましょう。

 

【人気の記事】