AGA治療薬ミノキシジルとプロペシアの効果と副作用

抜け毛

AGAは、専門家外来や美容皮膚科などで治療を行うことができます。そして、それらの医療機関では、内服薬ではミノキシジルプロペシア、外用薬ではミノキシジルを用いた治療をメインとしています。そこで気になるのが、これらの医薬品の効果なのではないでしょうか?

 

ここでは、内服薬と外用薬の効果、そして、現れる可能性のある副作用について、ご紹介させて頂くことにしましょう。

 

ミノキシジルとは?効果は?

ミノキシジルとは、もともと高血圧治療のために開発された成分で、血管拡張作用を持っています。ではなぜ、血圧治療薬が育毛剤として活躍することになったのでしょうか?

 

それは、ミノキシジルを服用したいた方の中に”多毛症(たもうしょう・体毛が濃くなる症状)”の症状がみられた方がいたことにより、偶然にも発毛や育毛効果が発見されたからです。では、ミノキシジルはどのようにして育毛効果を発揮するのでしょうか?

 

まずは、血管拡張作用に注目してみましょう。私たちの血管は、栄養分や酸素を運ぶ血液の通り道です。そして、この血管が委縮して硬くなったり、老廃物で塞がれてしまったりすると、大切な栄養分が頭皮や毛根に届きにくくなり、その結果、AGAの症状が現れることがあります。そして、この状態をミノキシジルによって改善することにより、より頭皮や毛穴が必要な栄養分を受け取りやすくなり、これが育毛につながるということです。

 

ミノキシジルの副作用

まず考えられるのが、多毛症です。

 

そして、血圧異常。ミノキシジルはもともと血圧を下げるために開発された成分であるため、特に血圧降下剤を服用中の方の場合では、血圧が下がり過ぎて危険な上位となることも考えられますので、ミノキシジルの内服薬を服用する際には、医師の指示に確実に従って下さい。また、外用薬ではこのような副作用の心配がないといわれていますが、体質によって頭皮の痒みや炎症などが起こることがあります。

 

プロペシアとは?効果は?

プロペシアは、フィナステリドという成分を配合した内服薬で、男性ホルモンに働きかけて育毛を促進する効果を期待することができます。

 

プロペシアが男性ホルモンを抑性するしくみは、男性ホルモンであるテストステロンに含まれる5αリダクターゼに働きかけ、テストステロンがジヒドロテストステロンという悪玉男性ホルモンに変換されるのを抑えるということ。ジヒドロテストステロンは体内の女性ホルモンの働きを妨げ、抜け毛を誘発する原因となります。そして、それを防ぐのがプロペシアの役目であるということです。

 

プロペシアの副作用

プロペシアに含まれているフィナステリドは、男性ホルモンに直接働きかけるという性質を持っているため、男性機能に影響を与える可能性があります。そして、その典型的な症状には、性欲減退EDがあります。また、人によってはうつ症状のような症状が現れることもあるといいます。

 

そして、プロペシアを服用する際に最も注意して頂きたいのは、絶対に女性に触れさせてはいけないということ。

 

実は、フィナステリドは皮膚から体内に侵入するという性質を持ち、特に妊娠中の女性が触れてしまった場合では、男性の胎児の性器に悪影響を及ぼす可能性があると考えられています。軽い気持ちで服用した育毛剤が、パートナーやお子さんに悪影響を及ぼしてしまったら、それこそ大変なことになりますので、プロペシアを服用する際にも、ミノキシジルと同様の慎重な取り扱いが必要となります。また、プロペシアは内服薬のみ、外用薬は製造されていません。

 

ミノキシジルとプロペシアの入手方法について

どちらも副作用の恐れがある医薬品ですので、必ず医師の処方を受けて入手しましょう。

 

これらの医薬品は個人輸入でも入手することができますが、その品質についての保証はなく、また、個人輸入業者は万が一の副作用に関する保証は一切行いません。お手軽な個人輸入に飛びつくとあとで後悔することにもなり兼ねませんので、医薬品は必ず医師の処方を受けて購入すること、これが大切です。

 

<ミノキシジル配合のオリジナルカクテル>発毛を実感。今話題のクリニックとは?【成功率97%!】

【人気の記事】