彼女にプレゼント! 指輪のサイズがわからない時に使える粋な方法!

女心・恋愛

 

彼女に指輪をプレゼントしたい。

 

こういうときは、渡し方が大事ですね。ちょっとサプライズ的に渡したいと思っても、彼女の指輪サイズが分からない…。ではでは、彼女に内緒でこっそりサイズを知る方法5つあげますからためしてみてください。

 

彼女の指輪を借りる

 

ふだん指輪をしている彼女なら、部屋に行ったときにでもこっそり借りてきましょう。これがもう、一番間違いない方法です。借りてきた指輪をそのままお店に持っていきサイズを測ってもらいましょう。彼女がそれほどたくさん指輪を持っていなくて、なくなったらすぐ気づかれるというときはリング棒というグッズが役に立ちます。

 

リング棒に彼女の指輪を通して、止まったところがサイズです。リング棒はリングゲージと言う金属の輪とセットで買え、値段も¥1000~3000円程度。アマゾンでもそのほかネットショップでも取り扱っています。

 

ふだん用の指輪を一緒に買う

 

これは意外と使える方法です。本気で渡したいと思っている指輪ではなく、雑貨屋さんで¥3,000くらいの指輪を買ってあげましょう。目的は指輪サイズを知ることですから、買うのはどんな指輪でもいいんです。

 

どこかのお店で指輪を見ることがあったら、さりげなくはめてもらってサイズを確認しましょう。「これでぴったりなの?」「そうなの、学生時代からずっとこのサイズよ」などという会話で確認をして、あとは買いたい指輪を探すべし。ただし、指輪のサイズはショップごとに微妙に違うことがあります。購入後にサイズ修正をすることもお忘れなく。

 

彼女の身長と体重から推測する

日本人女性の指輪の平均サイズは7号~13号です。多いのは9号だといわれていますが、身長や体重によって変化します。ここでは目安だけご紹介しましょう。

 

1.身長が145~150㎝で体重が45~55㎏ 薬指のサイズは6号

2.身長が151~155㎝で体重が50~55㎏ 薬指のサイズは7号

3.身長が156~160㎝で体重が50~55㎏ 薬指のサイズは8号

4.身長が161~170㎝で体重が55~60㎏ 薬指のサイズは9号

 

これは目安にしかならず、指輪のサイズは関節の太さとも関係があるので、正確ではありません。でも、あまりにもサイズ違いの指輪を渡すよりは、多少ちかいサイズを買うのが男としての礼儀でしょう。

 

彼女は指輪のプレゼントを喜ぶのではありません。恋人が自分の指のサイズを知っていて、それに合わせて買ってくれたということがとても重要なのです。

 

指輪だけ決めておいて、一緒に買いに行く

 

おそらく女性にとって一番うれしいのは、この方法でしょう。これなら間違いなくサイズぴったりの指輪が買えます。もしぴったりのサイズがないとしても、その場でお直し依頼が出せるので手間もかかりません。

 

男性によっては、だいたいのサイズを予測して買い、後からショップで直してもらえばいいという人もいます。しかし指輪のデザインによってはサイズ変更ができないこともあります。彼女をがっかりさせたくなければ、やはり一緒にお店へいきましょう。

 

原石だけを渡す

 

なかには原石(ルース)でプレゼントするという荒技にでる男性もいます。これは彼女がよほどの宝石好きだったり、クラフト系にこっていたりすれば悪くないアイディアです。ルースを渡して、あとはふたりでショップを探してオリジナルリングを依頼しましょう。

 

婚約指輪など高価なものをサプライズプレゼントするには不向きな方法ですが、恋人どうしで指輪のデザインを話し合ったり、ショップを選んだりすることで関係が深まることもありますよ。

 

奇抜なデザインはアウト

 

女性はプレゼントされることが大好き。しかしそのわりに、あげた時に喜ばれないこともあります。これは男が選ぶプレゼントが、女性にヒットしないことが多いからです。指輪はほぼ間違いなくよろこばれますが、デザインによっては逆に引いてしまうかも。日ごろから彼女の趣味をしっかり覚えておいて、ハズレのないものを選びましょう。

 

【人気の記事】