節約はランチだけ?食費を見直してしっかり節約しよう!

節約・時短

 

特に独身男性に言えることですが、安いもので済ませて節約する際に取り組むべきは食費です。独身男性の中には、食事は全て外食で済ませている人もいるでしょうが、これほど無駄なことはありません。筆者も以前はそのような生活をしていましたが、

 

朝・・・おにぎり2個、野菜ジュース1本(約350円)

昼・・・ラーメンセット(800円)

夜・・・定食屋で定食(1000円)

 

というように、毎日2000円以上の出費をしていました。

 

一か月の食費を見てみると愕然。代わる安いものとは?

 

さらに、夜の定食にビールがつけば500円は上乗せされるため、3000円弱となる日も多かったものです。平均して1日あたり2500円とすると、1ヶ月で75000円もの出費になります。

 

外食は節約の大敵です。自炊をすればかなりの節約になります。実際に筆者は以下のように節約を成功させています。

 

朝・・・青汁(粉末のもの。1回あたり約20円)

昼・・・自炊(例えばカレー。約200円)

夜・・・自炊(例えばご飯と味噌汁と焼き魚。約300円)とビール(1缶150円×2)

 

筆者はフリーランスであり自宅で仕事をしているため、昼も自炊できます。そのため、すべて自炊としたことで1日当たりの食費は1000円以下となりました。昼は外に働きに出ている人も、夕食だけでも節約すれば大きな節約になります。食費で毎日1000円節約すれば、月に30000円の節約になるのです。

 

自炊をすると長期的なメリットが付いてくる

 

 

また多くの場合、外食から自炊にすることで、栄養の偏りも避けることができます。これは、肉より野菜が安いこと、豆腐や納豆などの安くて栄養価の高いものを活用することなどによるものです。このことが健康面でのプラスとなり、長期的に見れば医療費の節約にもつながります。

【人気の記事】