【バツイチ男】40代の彼女の作り方!

女性ウケ・モテる

バツイチになってしまった理由はどうあれ、離婚して落ち着いて来てからも「離婚後は彼女もつくらずひっそりと…」などと決めている人はほとんどいないのではないでしょうか。

 

やはりバツイチになったとしてもこれからの生活も出来るだけ楽しく充実したものにしたいはずです。

 

今後の生活を楽しく充実したものにするための一つのことといえばやっぱり彼女をつくることだと思いますし、実際に彼女がほしいと思っている人も多いことでしょう。

 

しかし【40代でバツイチ】となると「相手がどう思っているのか」などと考えて恋愛するのにもなかなか初めの一歩が踏み出せなかったり、長い間恋愛から離れてしまっていてどうすればいいのか「分からなくなった」ということもあるものです。

 

今回はバツイチ40代で彼女を作るにはどうしたらいいのか考えてみましょう。

 

 

〇清潔感・紳士的な態度をもつことが基本

40代にもなり結婚生活も経験していると自分の身形・容姿に無頓着になってしまっていたりしませんか?

 

はやりの服や腕時計、靴などで着飾るだけではだめです。それは10~20代のやること。特別に高価で整った服などは必要ありません。

 

清潔感のある服装は基本ですが年齢に見合った落ち着いた穏やかな態度を見せることも重要です。

 

 

〇バツイチを欠点としない

バツイチになってしまったことで自分に自信がなくなってしまったり、自分のバツイチという状況に悲観的になってしまって次の恋愛に踏み出す勇気がない人もいるのではないでしょうか。

 

バツイチになってしまった理由がどうであれ、強みは「結婚生活をしたことがある」ということです。しかしその結婚したことがあるという経験があるからこそ次に活かせることもあるはずです。

 

消極的になってしまっていては彼女ができるわけがありません。まずは前向きに恋愛をしようという覇気を持ちましょう。

 

 

〇いきなりバツイチを明かさない

バツイチを気にしすぎて「相手に悪いから」と考えて、割と早い段階で自分がバツイチであることを明かしていませんか?

もしかしたら初対面でバツイチ宣言している人もいるかもしれませんね。

 

現代はバツイチも珍しくはありませんが、それでもやはり良いイメージよりも悪いイメージのほうがあるのが事実です。離婚の原因は「男性」にあることがほとんどなのでとくに男のバツイチの印象は良くないでしょう。

 

もし初対面でバツイチであることを明かすと先に進めたかもしれない出会いを無駄にしてしまうかもしれません。まずは相手と親しくなり、自分の長所・良いところをしっかりつかんでもらったところでバツイチを明かせば受け入れられる可能性も高くなります。

 

 

〇慎重になりすぎないこと

バツイチになると「次こそは同じ失敗をしたくない」と慎重になってしまいがちです。もちろん手当たり次第にお付き合いをすることはオススメできませんが、女性の本当の姿を見れるのは仲良くなってからこそではないでしょうか。

 

気になる女性ができたのであれば、会って話をする機会を自らつくって親しくなりましょう。

 

女性が気を許してくれた時こそ本来の彼女の性格などが見えてきます。慎重になりすぎてなにも行動に移さないのでは話になりません。

 

 

〇得意なことでアピールをする。

40代ということを短所だと考えてはいませんか?

 

しかし40代という年齢であっても活き活きとして堂々とした40代男性は非常に魅力的なものも感じます。40年以上も生きてきていればそれなりに様々な経験や知識を蓄えてきていることだと思います。

 

あなたが最も自信があることは何でしょうか。仕事・趣味・知識・体力などいろんなジャンルがあると思いますが、自分が最も力を発揮できるものを生かして女性と接してみてください。

 

得意でなくとも好きな話や好きなことをしながら女性と関りが持てれば、きっとその時のあなたは活き活きとしていて女性からの印象もよくなってくるはずです。

 

 

【人気の記事】