薄毛、抜け毛の悩みチェック。原因と対策など徹底解説!メンズ編

抜け毛

薄毛とは?

そもそも薄毛ってなんでしょう。分析統計によると年齢を重ねるごとに、髪の毛が生え変わるタイミングで徐々に変化が出てくるようです。生活習慣や日々のストレスなど原因はさまざまですが、髪が自然に抜け落ちた後、また新しい髪の毛が生えます。その際、新しい髪の毛が少しずつ細くなり、コシやツヤなどを失うため頭部全体のボリュームが知らず知らずになくなっていくのです。また、抜け毛に関しては、通常の成人男性の場合、1日に自然に抜ける本数は約50~100本と言われています。

 

【photo by www.info-helpful.com】

抜け毛、薄毛の原因とは?

抜け毛や薄毛になってしまう原因は様々です。男性の場合、ホルモンバランスの乱れや男性ホルモンの過剰分泌、食生活の乱れ(暴飲暴食)、喫煙、飲酒、過剰なストレス、日々の疲労の蓄積、睡眠不足、間違ったシャンプーの仕方(髪の洗い方)などいずれも髪の毛の生え変わりサイクルを乱す事が原因で起こります。また、AGAと言う男性特有の病気もあります。全ては、人間の体の正しいサイクルに合わせた生活リズムがとても大切です。しかし、男性の場合は特に仕事などの関係上、サイクルが乱れてしまうのは仕方がないという人も多いでしょう。

そこで、ここでは日々のちょっとした時間を使って薄毛、抜け毛対策や改善ができるいくつかの方法を分かりやすく解説します。ぜひ、お役立てください。

 

 

◎抜け毛・薄毛の3大原因と対策法/目次

1 ホルモン過剰分泌

 男性ホルモンのバランスの乱れ/男性ホルモン過剰分泌への対策

2 髪の洗い方

 間違ったシャンプーの仕方/正しい髪の洗い方をご紹介

3 食生活

 食生活の乱れ/髪にイイ食べ物と食べ方

 

 

男性ホルモンの過剰分泌が抜け毛の原因に!

抜け毛の原因には多くのものがありますが、その中の一つがホルモンバランスです。男性は、睾丸で作られている男性ホルモンの量が多いため、髪の毛以外の体毛が濃くなります。逆に女性は女性ホルモンの量が多いため、柔らかな身体つきになり、髪の毛の量を維持することができるのです。男性ホルモンと女性ホルモンのホルモンバランスがとれていれば問題はありませんが、男性ホルモンの分泌が過剰になると、皮脂も過剰に分泌されます。過剰な皮脂は頭皮に影響を及ぼし毛穴を詰まらせるなどして抜け毛を増やしたり、新たな髪の生成を妨げてしまいます。では、「手っ取り早く注射などで女性ホルモンを増やせばいいのでは?」と思われがちですが、そうすることで体内のホルモンバランスは崩れ、身体に悪影響を及ぼすことが考えられます。そのため、ゆっくりと男性ホルモンの分泌を抑えるようにする方が良いのです。

 

【photo by xn--vck8crc655ye1bq0qwia880h.net】

 

男性の薄毛の種類には2種類あります。まず、生え際が後退してくるM字型の薄毛。そして、頭頂部が円形状に剥げてくるタイプのものがあります。どちらも、男性ホルモンが過剰に分泌されることで、抜け毛が増え、薄毛になっていくのです。また、男性の剥げるタイプにも2種類あります。それは、脂っこい頭皮のタイプと、乾燥肌の頭皮のタイプに分けられます。脂っこいタイプの薄毛では、脂が頭皮に詰まることで、血行が悪くなり、抜け毛の原因になります。また、脂を詰まったままにすると、脂が汚れに変わり、毛穴を傷つけることもあります。乾燥肌のタイプはフケが多くなります。これも薄毛の危険なサインです。乾燥肌は頭皮の状態が悪くなりやすく、そのままにしていると薄毛の原因になります。

ホルモンバランスを整える方法はコレ!

これらの問題を解決するには、シャンプーや育毛剤を使うことで解決する場合があります。まず、シャンプーは、脂っこい肌用の人と、乾燥肌用の人の2種類が売られています。ですので、自分に合ったシャンプーを選ぶことで、問題をだいぶ解決できる可能性があります。また、育毛剤も自分の肌に合ったものを使用する必要があります。また、薄毛の原因は男性ホルモンの過剰分泌なので、これを何とかする必要があります。一番大事なのは食事です。油っこいものばかりを食べていると、男性ホルモンは分泌されます。また、性行為のやりすぎも、男性ホルモンの分泌を促進させます。男性ホルモンの分泌を抑えるには、アロエや緑茶を摂取すると良いと言われています。また、サプリメントではフィナステリドやノコギリヤシのような、AGA治療でもおなじみのものがあります。他にもイソフラボンを含んだ豆製品を摂取したり、有酸素運動を行うことも男性ホルモンの分泌を抑える効果があると言われています。

TOPに戻る

 

※髪の毛の洗い方はとても重要!~正しいシャンプーの仕方~

 30代にさしかかるころから、よく聞かれる男性の悩みに薄毛・抜け毛があります。実は毎日の間違ったシャンプーのやり方が原因となっていることが多いのです。

また、髪の毛が薄毛になってきたり、抜け毛が多くなってきたと感じ始めた人の中にはなるべくシャンプーの回数を減らして抜け毛を少なくしたいと思う人もいますが、それは、全く意味がありません。2日に1回程度にした場合には2日分抜けるだけになってしまいます。では、正しいシャンプーのやり方とケアの方法をご紹介しましょう。

 

正しいシャンプーのやり方はコレ!

 

1、シャンプーの前には必ずブラッシングします。

整髪料のジェルには皮脂が付着しているので、事前に落とすことでシャンプーの洗浄力を高めます。また頭皮をほどよく刺激するため、血行が良くなって髪の毛を作る毛母細胞まで栄養が届きやすいです。ブラシは豚毛や猪毛など天然の毛を使っていると薄毛を改善します。ナイロン製のブラシは静電気が発生するので、髪の毛を傷めて抜け毛を促進させる可能性があるためです。目が細かいクシやロールブラシも適していません。

2、まず頭髪にスタイリング剤などが付着している場合は特に、じっくり時間を掛けてお湯で濡らしていきます。シャワーでサッと濡らすだけという方がほとんどだと思いますが、それだけでは頭皮まで行き渡りません。理容室や美容室でシャンプーをしてもらう時を思い出して下さい。かなり時間を掛けて頭全体を濡らしていると思います。

3、次にシャンプーを手に取ったら、両手をこすり合わせて少し掌で泡立ててから頭にのせます。シャンプーをそのまま髪につけて摩擦で泡立てる方法は、髪にとってかなりのストレスとなります。そして指の腹で頭皮をもみ洗いする気持ちでシャンプーしていきます。

※必ず!爪を立てないように洗髪しましょう。爪を立ててしまうと頭皮を傷めるだけでなく洗髪後の皮脂分泌をさらに活発化させることになります。

4、はじめは毛根の汚れを落としたあと、その泡で髪を洗うようにします。

男性の薄毛・抜け毛の最大の原因は毛根に詰まった汚れなのです。スタイリング剤を毎日つける方は、毛根にまで入り込んでしまっている可能性がありますので、丁寧にシャンプーしたほうがよいでしょう。

5、洗い終わったら、またじっくり時間を掛けて泡を流します。

ドライヤーは頭から30センチ以上離して使うと、頭皮へのダメージがなくスッキリと乾かすことができます。毎日のケアで健やかな状態を保ちましょう。

TOPに戻る

 

抜け毛、薄毛を予防する食べ物

男性の抜け毛の原因となる食事としては、暴飲暴食やバランスのかけた食生活などです。カロリーの高い食事を続けていると皮脂分泌が増え、頭皮の毛穴が詰まってしまうため髪の成長を阻害することになり抜け毛の原因となります。生活習慣の大きなものの中に食事があります。

 

◎ワカメなどの海藻類

髪にとって良いと言われている食事には昔からよく言われていますよね。それは海藻などに含まれている成分が「血行をよくする働き」があるからです。

 

卵や、髪の毛を健康に保つミネラルを含んでいる、鮭・イワシ・サバ・ニシン

髪の毛に欠かせない栄養素の「オメガ3脂肪酸」を多く含んでいます。

 

牡蠣

「亜鉛」を含んで髪質をよくする効果があります。

 

【photo by www.anawalls.com】

しかし、それらを多く摂るというのではなくバランスの良い食事をすることが最も大切です。

また、食事を摂る時間帯もとても重要です。夜寝る前の食べ物、食べ方には気をつけましょう。髪の毛の成長に関係あるホルモンは夜10時~2時の間に活発に分泌されると言われています。その時間にお中に食べ物が入っていると血液は消化を促すために胃に集中することになるため、頭皮に血流が行かずに上手く髪が作れなくなります。さらに肥満の原因にもなります。太ることで血液が末端まで通りにくくなります。

TOPに戻る

 

寝る前にやったほうがいいコト。~男性の薄毛、抜け毛対策~

薄毛が気になり始めた男性は、寝る前にお風呂に入ると抜け毛対策ができます。男性は髪の毛が短く、朝寝癖がつくのを避けるために、朝シャワーを浴びることがありますが、育毛には寝る前の入浴がおすすめです。髪の毛の成長が促進されるのは22時~2時の副交感神経が優位になって、最も多く成長ホルモンが分泌される時間帯です。よってこの時間帯に頭皮環境を整えると、抜け毛が減ります。

 

 

【photo by ikumoumission.net】

また、洗髪では皮脂をきちんと洗い落とすだけでなく、頭皮マッサージを行います。指の腹を使って頭皮を柔らかくします。お風呂から上がったら、血行が良くなって栄養を吸収しやすくなっているので、育毛剤を使って発毛を促進します。

頭皮を清潔に保って血行を良くするようにマッサージなどをすることはおすすめです。

【人気の記事】