歯垢と歯石の違いって知ってますか?徹底的に調べました!

メンズ美容・健康

歯垢(しこう)とは、細菌の塊のことをいいます。食べもののかすや歯の汚れではありません。わずかな面積のところに、多くの細菌がついています。

 

【photo by downtra.net】

 

歯垢(プラーク)とは?

人の口内は、唾液によって薄い膜が出来ており、歯の表面をおおっています。

この膜は、歯を守る役割があります。

ここに様々な細菌が付き、さらに食物中の糖分に含まれる成分を使って歯垢となります。

歯垢に付く細菌は、食物の糖分を栄養にして増殖を続けていきます。

粘りのある物質を作り出し、歯の表面に強く付着します。

歯垢の段階は、歯みがきで取り除くことができます。

口内環境を良くすることで、バイ菌を増やさないようにすると歯垢は取り除くことが出来ます。

糖分を摂取した後には、歯みがきによって口内環境を良くし、食べ物や飲み物を口内に残し、バイ菌が繁殖することをなくす努力をします。

 

【photo by numajiri-shika.jp】

 

歯石とは?歯石除去について

歯垢は歯石に変化します。

歯石は、歯みがきでは取り除けなくなります。

歯石の表面は、歯垢がつきやすいため、放っておくとバイ菌が増殖していきます。

また、歯肉を刺激し、歯周病の原因になったり、口臭の原因となることもあります。

歯石は、歯科医院で取ってもらうことが必要になります。

定期的に歯科に通い、口内環境をチェックしてもらうことが必要です。

自分ではわかりにくい歯の状態は、専門医師に診断してもらい適切な治療をしてもらいます。

 

歯石は定期的に除去しよう

多くの医師は、歯の状態をわかりやすく説明してくれます。歯垢や歯石がどの程度あるのか、歯周病になっていないか等、いまの症状を説明してくれます。歯科医院に通うことも、定期的に決めておくと、歯の健康のためには役に立ちます。

 

【photo by azumi-happy.net】

 

歯が悪いと、身体全体に影響を及ぼすことがあります。また放っておくと、負担の重い治療が必要になっていきます。時間的にも、費用の点でも、あまり負担をかけたくない場合は、定期的に歯科医師に診断をしてもらうと安心です。足を運びやすいところに、信頼出来る歯科医院を見つけておくことも大切なことです。 

【人気の記事】