髭を抜くと、ひげが濃くなる!?ホント?体験談を厳選

体験レポート

毎日髭剃りをするのは面倒だからと言って脱毛をする男性も増えてきています。ただ、サロンなどに行って施術を受けるのは面倒だからと、自分で毛抜きを使って髭を抜く事を考える人もいるでしょう。

 

 では、髭を抜くと実際には髭が濃くなるのでしょうか、それとも変化はないのでしょうか。

 

以前、私は半年ほど髭を抜くことをしたことがあります。とは言っても、鏡で見る事ができる場所だけなので、顎の下の方等はそのまま放置でした。毛抜きを使って抜いていましたが、確かに髭剃りの負担からもかなり解放されたので良いと思っていました。

 

ただ、口と鼻の間だけはどうしても毛抜きで抜いてしまうと傷みがあったので、その部分は髭剃りを使っていました。手入れの間隔は確かに伸びて、夕方になっても顎から髭が生えてこないのですごく快適でした。

 

しかし半年ほど続けましたが、今はもう抜いていません。

 

その理由はいくつかあります。

 

一つは埋没毛が増えてしまった事です。肌の表面に毛が出てこないで皮下で丸まっている状態となってしまい、さらに一部は炎症を起こしてしまいました。これ以上続けると顎が大変な状態になってしまうと思ったので、その時点からやめました。

 

 

もう一つの理由は、髭が濃くなってしまったという事です。元々はそれほど太い毛が生えていたわけではありませんでした。だから毛抜きで抜く時もそれ程苦労する事無く、最初の頃はスッと抜く事ができていました。

 

しかしそんな状態をある程度続けていた所、次第に毛抜きで抜こうとしても失敗する事が増えて来ました。良く見てみると、以前に比べると髭がかなり濃くなっています。

 

勿論髭剃りだけを使っていた口と鼻の間や顎の裏側などはそれ程濃い毛が生えていませんでしたが、顎の部分にはかなりしっかりとした太い毛が生える様になってしまいました。

 

うまく毛抜きも使う事ができないし、何より髭が濃くて目立つ様になってしまったので私はネットでどうして濃くなったかを調べてみたことがあります。

 

すると、そこに書かれていたのは無理矢理抜く事によって、毛細血管が太くなり、髭にも以前よりも栄養が行きやすくなるという事でした。

 

実際に見てみると、まだ以前位の太さの部分もありましたが、

部分的にはかなり濃くなっている感じがしました。時に毛抜きだけでなく手で抜いてしまっていた顎の中心などはより濃くなってしまい、見た目にも良くありません。

 

それ以来、私はごくたまに髭剃りで剃り忘れてしまっていて伸びている部分を1本ずつ抜くだけにしています。

 

髭が濃くなったりしなければ、多分今でも毛抜きで髭を抜く事をしていたと思いますが、

やはり濃くなってしまったというのは私にとっては計算外でした。

 

今は毛抜きを使う事をやめる様になってから半年以上が過ぎています。まだまだ濃い状態ですが、少しずつ濃い部分が減ってきているのではないかと感じる時もあります。

 

髭を抜くをすると人によっては全く変化がないかもしれませんが、私の場合は濃くなってしまいました。しかもその状態は簡単に改善する事は出来ていません。だから、個人的には確かに手軽に髭 抜く事はできますが、あまり抜かない方が良いと思います。

 

また、もし抜いてしまうとしても、そのまま放置するのではなくしっかりと肌の手入れをする方が良いのかもしれません。

 

もし抜きたい人がいたら、必ず誰かの体験談とかを見てみる事をお勧めします。

 

そしてその人たちの髭がその後どうなったか、どういう肌になったかという事も調べておくと良いでしょう。私の場合は何も知らないまま手軽だからと言う事で毛抜きを使ってしまいましたが、肌にも髭にも全く良くありませんでした。

 

多分濃くなってしまうとか、肌トラブルがある事を知っていたら抜いていなかったと思います。

【人気の記事】