辛い運動は一日の最初と最後の方に

ダイエットブログ

 

ダイエットは運動と食事のバランス、つまり痩せるには一日に運動をどれだけプラスするかと

食事をどれだけマイナスするかが重要になってきます。しかし、食事は間食を減らしたり

三食を減らしたりでなんとかなりますが、大人になると運動の機会は非常に限られる上に、

運動の後に高カロリーの食事を食べたくなる誘惑に陥ってしまいます。

そこで私がお勧めしたいのが寝室での運動です。

朝起きた時と寝る前にベッドの上で腹筋をしたり、ベッドと床の段差を利用して腕立て伏せをしたり、

朝起きた後に床の上でスクワットしたりと一日の始めか終わりに運動のノルマを集約するのです。

ラジオ体操などに見られるように朝一番の運動は健康に良く、朝食なら運動後でも高脂肪のものを食べすぎる事は少ないです。

そして、寝るまえの運動ならベッドで寝転がって腹筋した後そのまま寝るだけですので、食欲に負けそうになっても

わざわざ冷蔵庫まで行く事なく運動でカロリーを消化したまま朝まで我慢できるという訳です。

【人気の記事】